昔からの販売方法で通信販売というのがありました。昔はカタログ通販で、リアルで売れない部分の穴埋めといった感じでしたが、現在では、インターネット通販も登場してきて、リアルな店舗がそれに押されてきている感じを受けます。では、この通販は、どういった所が良くて、またどういった所がそぐわないのでしょうか。まず、通信販売の弱点ですが、店員と話ができないといった点にあります。

これは商店街文化を持った街にとっては朗報です。店員との対話の中から、多くの顧客は自分に似合った商品を選択するため、しっかりした商店街があり、街に行ってモノを購入した方が良いとの文化土壌がある街の場合は、通信販売はあまり流行りません。加えて、今はやりの郊外の大型スーパーというのも、下火になってくることでしょう。そんな中でも、特に通信販売での購入をやめておいた方が良いものがあります。

それはファッション関係のものです。こういった洋服等のファッション関係のものは、既製品であっても実際に着てみなければ本当に自分に合うものかどうかは理解できないからです。カタログやネット画像だけをみて購入してしまえば、実は細部でサイズが合わなかったり、商品が届いて着てみてもどうもしっくり来なかったりします。返品可能と謳っている所もあるでしょうが、返品してみてまた、しっかりするサイズのものが来るとは限りません。

ファッション関係のものに関しては、通信販売に頼らず、リアル店舗での購入をお勧めします。